[PR]

 29日午前8時35分ごろ、横浜市泉区の市営地下鉄ブルーライン踊場駅で、あざみ野発踊場行きの列車(6両編成)がホームに乗客を降ろした後、折り返し運転のため引き込み線に入った際、本来の停止位置を約29メートル通り過ぎて、前方の壁に衝突した。この事故で、男性運転士(42)がすり傷などの軽いけがを負った。

 市交通局によると、運転士は引き込み線への進入時に居眠りをしたと話しているという。ブルーラインはこの日、快速の運転を中止した。

 ブルーラインでは6月、線路上に保守作業員が置き忘れた器具に始発列車が乗り上げ、脱線する事故が起きた。