[PR]

 リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事を巡る問題で29日、大井川の利水者や流域市町の代表者とJR東海が意見交換をした。市町の首長や職員のほか、土地改良区や水道事業の担当者が参加。工事で出る湧水(ゆうすい)の「全量」を大井川に戻すよう改めて求める声が上がった。

 JR側は、トンネル工事で発生するわき水への対処や、工事で発生した土を山中に積む方法などを説明。山梨、長野両県からトンネルを掘り進める際、静岡側のトンネルと接続するまでは大井川水系に水を戻すのは難しいとの説明には「全量戻す約束を守って」といった声が上がった。

 島田市の染谷絹代市長は「水は経済活動の根幹で1滴たりとも失えない。全量を大井川に戻す手法を説明してほしい」と語り、川根本町の鈴木敏夫町長は「沢の水が枯れたらエコパークの登録から外れると懸念する人も多い。表流水の減少に対応してほしい」と訴えた。

 利水者からは「静岡が遅延して…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら