[PR]

 大雨に見舞われた佐賀県武雄市には、昨年山口県で行方不明の男児を発見し「スーパーボランティア」と注目を集めた尾畠春夫さん(79)も駆けつけた。29日午前は、家具の片付けや泥の吐き出しなどのボランティア活動に取り組んだ。

 尾畠さんは28日夕、九州北部が豪雨に見舞われていることをニュースで知り、「なんとかせにゃならん」と大分県日出町の自宅から車で駆けつけた。6日分の食料と水を持ってきており、しばらくは武雄市内でボランティア活動をするという。

 尾畠さんは「こういう(被災した)所では、みんなが下を向いちゃうから明るくいかないとね」と話した。(松岡大将)