[PR]

 韓国の前大統領、朴槿恵(パククネ)被告(67)=収賄罪などで二審で懲役25年、罰金200億ウォン(約17億4千万円)の実刑判決=ら3人が起訴された事件で、韓国大法院(最高裁)は29日、3人に対する二審判決をそれぞれ破棄し、審理をソウル高裁に差し戻した。金命洙・大法院長は、一、二審には量刑などについて誤りがあると理由を述べた。

 ほかの2被告は、朴前大統領と共謀した罪に問われた支援者のチェ・スンシル被告(63)=二審で懲役20年、罰金200億ウォンの実刑判決=と、贈賄罪などに問われたサムスングループ実質トップのサムスン電子副会長、李在鎔(イジェヨン)被告(51)=二審で懲役2年6カ月執行猶予4年の有罪判決。

 大法院は、李副会長が無罪を主張したチェ氏の娘への馬の提供や、チェ氏の親族が設立した「韓国冬季スポーツ英才センター」への資金提供について、前大統領への不正な請託に対する見返りだったと認定。二審判決はこれらの賄賂性を認めず、賄賂額を約36億ウォンとしたが、大法院の判断を踏まえると、賄賂額が約50億ウォン増える可能性がある。

 韓国で執行猶予付き判決は、懲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら