[PR]

 台湾の国防部(国防省)は29日、米軍のMC130特殊作戦機が同日午前、台湾海峡の中間線に沿って北から南へ飛行したと発表した。これに先立ち、米軍は南シナ海で「航行の自由」作戦を実施。中国は米艦船の寄港を拒むなど、双方のさや当てが強まっている。

 中間線は1950年代に米軍が設けたとされ、中台間ではそれを挟んだすみ分けがおおむね守られてきた。だが、米中・中台関係が悪化するなか、今年3月、中国軍の戦闘機が中間線を越え台湾側を約10分間飛行する事案が起きた。

 一方、米軍は今年に入り、ほぼ月1回のペースで艦船を台湾海峡に派遣。トランプ政権が今月、台湾に新型戦闘機を売却する方針を決めると、中国側は27日、東シナ海で軍事演習を行う計画を公表するなど、双方のさや当てが続いている。

 そのなかで、シュライバー米国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら