総合スーパーを展開していた元ヤオハングループ代表の和田一夫(わだ・かずお)さんが19日、老衰で死去した。90歳だった。葬儀は9月21日午前10時、静岡県伊豆の国市四日町528の2のJAハートフルメモリー韮山会館で行う予定。喪主は妻きみ子さん。

 1951年に日大経済学部を卒業後、静岡県熱海市で両親が始めた青果店「八百半商店」に入社。62年にヤオハンの前身となる食品スーパーの社長に就き、71年にはブラジルに出店して、日本のスーパー業界で初めてとなる海外進出を果たした。その後も中国や東南アジア、欧米に展開し、国際流通グループに育て上げた。

 だがバブル崩壊後、国内の売り上げが伸び悩み、国内外での投資も失敗。97年9月、中核会社のヤオハンジャパンは1600億円の負債を抱え、会社更生法の適用を申請して倒産した。和田さんはグループのすべての役職を辞任した。

 その後、ヤオハンジャパンはジャスコ(現イオン)の支援を受けて経営を再建し、2002年に「マックスバリュ東海」に名称を変えた。和田さんはコンサルタント会社を設けて、経営セミナーなどで活動していた。母の故カツさんはNHKドラマ「おしん」の主人公のモデルといわれた。