[PR]

 宮城県名取市閖上の新市街地に出店する食品スーパー・伊藤チェーン(本部・柴田町)が29日、現地で着工に向けた地鎮祭を行った。延べ床面積約5700平方メートルの「ゆりあげ食彩館(仮称)」で、来年7月開業の予定。とれたての魚の直売コーナーやフードコートを設け、ドラッグストア「マツモトキヨシ」、100円ショップ「セリア」も入る。

 同社は県南地域で店舗を展開し、閖上で10店目。復興関連では、岩沼市の集団移転団地・玉浦西地区に続く出店だ。伊藤吉一社長は「閖上の住民だけでは(大型スーパーは)成り立たない。仙台や周辺からわざわざ来てもらえる場所にしたい」と話した。名取市と災害時応援協定も結んだ。

 閖上は計画人口2100人で、現在は約1300人が住む。今年4月には飲食店など27店が入る「かわまちてらす閖上」、8月に地区唯一のATMを備えたコンビニエンスストアができるなど、生活利便施設もできつつある。(石橋英昭