[PR]

 半導体製造などに使う化学物質「フッ化水素」の7月の韓国への輸出量が、前月から8割も減った。7月4日に発動された半導体関連3品目の対韓輸出規制強化の影響とみられる。半導体製造は韓国の基幹産業だけに、調達面での「日本離れ」を懸念する声もある。

 財務省が29日に発表した7月の貿易統計(確報)で明らかになった。7月のフッ化水素の対韓輸出量は479トンで、前月より83・7%減だった。前年同月比でも84・8%減った。過去1年、毎月3千トン前後で推移しており、かなりの低水準だ。

 一方、輸出額は前月比32・6%減(前年同月比35・6%減)の4億97万円。輸出額を輸出量で割った平均価格は前月比で4倍超に跳ね上がった。品薄への懸念から、取引価格が高騰した可能性がある。

 フッ化水素など3品目の韓国向け輸出規制の強化で、国内企業の輸出手続きは煩雑になり、原則、輸出契約1件ごとに経済産業省の許可が必要になった。許可の取得には最大90日程度かかる。

 規制強化された含有濃度30%超の製品が輸出量にどの程度含まれるかは分からないが、フッ化水素を製造するステラケミファ(大阪市)の担当者は「7月4日以降の申請分の許可はまだ1件も出ておらず、必然的に出荷量は落ちている」。森田化学工業(同)も同様の状況だという。韓国に輸出されるフッ化水素は、この2社のものが大半を占める。

 経産省は、フッ化水素に関する輸出許可の状況を明らかにしていない。

 同じく規制強化されたほかの2品は貿易統計上、他の品目と同じ分類にまとめられており、輸出量や輸出額が特定できない。

 韓国貿易協会によると、韓国のフッ化水素の日本への依存度は4割超。韓国政府は国費を投じて、こうした材料の国産化を進める構え。日本総研の向山英彦上席主任研究員は「中長期的に韓国の産業の『日本離れ』が進むのではないか」と話す。

■再開に向けて日本も動くとのメ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら