[PR]

 携帯端末の値引きが規制される10月が迫る中、駆け込み販売をめぐって携帯大手が対立している。総務省は、規制前に消費者が囲い込まれないために駆け込み販売をしないよう6月に要請している。29日の同省の有識者会議ではNTTドコモが、駆け込みをあおっているとライバル2社を「告発」する場面があった。

 長期の通信契約を条件に端末を大幅に割り引く「セット販売」を禁じる改正電気通信事業法は、10月1日に施行される。割高な通信料金を原資とした過度な端末の値引きやキャッシュバックをやめさせ、通信料金を引き下げさせる狙いだ。

 これまで消費者は定価の半額ほどで端末を買えたが、10月以降は値引きの上限が2万円になる。米アップルのiPhone(アイフォーン)など高額なスマートフォンを中心に販売は鈍ると予想されている。消費増税も重なり、携帯会社にとっては今のうちにたくさん売っておきたいのが本音だ。

 KDDI(au)とソフトバン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら