スーツケースの「迷子」なくします 子供用発信器を応用

有料会員記事

中島嘉克
[PR]

 パナソニックがスーツケースの紛失を防ぐ小型発信器を開発し、バッグ大手のサムソナイトの商品に取り付けられることになった。スマートフォンによって位置がわかるしくみで、サムソナイトが日本や中国など15カ国で売り出す。

 「Seekit(シーキット)」と名付けた発信器は、切手ほどの大きさで3ミリと薄い。キーホルダーのようにスーツケースに取り付けることもでき、専用アプリを入れたスマホへ無線で位置情報を伝える。自分から半径30メートルまではスマホで確認でき、それ以上離れるとスマホと発信器の両方から警告音が鳴る。空港で預ける時などは、音が出ないように手動で設定しておく。

 発信器は財布などにも入れておけるため、スーツケース以外の紛失防止でも活用しやすい。パナソニックは今後、協業先を増やして販売網を広げたい考えだ。

 発信器は「インド発」の技術…

この記事は有料会員記事です。残り260文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら