[PR]

 福岡県志免町に建設中のアパートの受水槽の中で泳いでいる動画を会員制の動画サイトにアップし、元請けの住宅会社支社長の業務を妨害したとして、偽計業務妨害容疑で書類送検された水道関連工事の3次下請け業者の男性(30)と4次下請け業者の男性(28)について、福岡地検は29日、不起訴処分とした。「起訴するに足りる証拠がなかった」としている。

 動画は約15秒。「受水槽の中で泳いでまーす」との音声とともに、半裸の男が水につかったり浮かんだりしており、ネットに拡散。6月には福岡県が水質を検査するなどの騒ぎになった。