[PR]

 東海道、山陽、九州の各新幹線車内に、スーツケースなどの大型荷物を置ける事前予約制の専用スペースができる。JR東海、西日本、九州の3社が29日発表した。東京五輪・パラリンピック開幕を控えた2020年5月中旬にサービスを始める。荷物置き場の利用権とセットになった席を購入する仕組みだ。大きな荷物を持って移動する訪日外国人客(インバウンド)らの要望に応えた。

 荷物置き場は、指定席車両のうち最後部座席の背後のスペース。最後部の1列を「特大荷物置き場付き座席」とする。追加料金はなく、ネット予約や券売機、窓口で購入できる。

 さらに、23年度からは主力車両「N700系」のデッキに2カ所ある洗面台のうち1カ所を廃止し、鍵付きの荷物コーナーを新設する。収納スペースを設け、利用権を指定席とセット販売する。短期滞在の外国人向けの「ジャパンレールパス」で乗れる「ひかり」(16両編成)の場合、座席背後は32席、デッキ部で10席分の置き場ができる。

 対象となる「特大荷物」は、3…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら