【動画】弁護士劇団ななころびのコント「海外ツアー」=安冨良弘、西田堅一撮影
[PR]

ほうほう弁護士劇場〈4〉

身近なトラブル、どう対処したらいいの? 大阪の弁護士が自ら演じるコントを見て、法的なアドバイスに「ほう!」と納得。「ほうほう弁護士劇場」、第4幕です。

見渡す限りの海が見えない

Q このツアー客の女性、さんざんな海外旅行になってしまったみたいやね。そもそも「見渡す限りのオーシャンビュー」とゆうていた部屋なのに海が見えへん、っていうのはどうなんですか?

A ツアー客は、ツアーを主催する旅行会社と、代金を支払う対価として旅行サービスの提供を受ける契約を結んでいます。旅行会社は契約した内容のサービスをツアー客に提供する義務がありますから、見渡す限りの海が見えないのであれば、見える部屋に交換しなければなりません。

写真や動画で記録を

Q もし「見渡す限りのオーシャンビュー」の部屋が見つからなかった場合や、その場で苦情を言えずに帰国してしまったりしたら、文句は言えへんのですかね?

A 契約した内容の部屋が満室だったとしても、旅行会社が例えば「海は見えないがセミスイート」などのよりグレードの高い部屋で対応することがあり、ツアー客が合意すれば部屋を変更できます。ツアー客が合意しなかったり、全く部屋を変更できなかったりしたら、旅行会社に債務不履行があったとして、部屋代の差額相当額を請求できます。しかし、本当に「見渡す限りのオーシャンビュー」の部屋ではなかったのか、記憶に基づいて話すだけでは証明できないかもしれませんので、写真や動画を撮って記録しておく方がいいでしょう。

■イルカが人食いザメの場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら