[PR]

 大学入試センターは30日、2021年1月から始まる大学入学共通テストで国語と数学に導入される記述式問題の採点を、「学力評価研究機構」が行うと明らかにした。入札に2社が応じた結果、落札したという。同機構はベネッセコーポレーションのグループ会社。17、18年度にあった共通テストの試行調査はベネッセが採点を行った。

 センターはまた、共通テストで活用される英語の民間試験の実施団体のうち、ケンブリッジ大学英語検定機構(ケンブリッジ英語検定)▽IDP(IELTS)▽ベネッセコーポレーション(GTEC)と協定を締結したと発表した。ブリティッシュ・カウンシル(IELTS)▽ETS(TOEFL iBT)▽日本英語検定協会(英検〈新型〉など)とも、近く締結できる見込みという。