[PR]

 外務省の金杉憲治・アジア大洋州局長は29日、韓国外交省で金丁漢(キムジョンハン)・アジア太平洋局長と会談した。金杉氏は会談後、記者団に対し、韓国が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を通告したことについて、韓国側に「賢明な対応」を求めたことを明らかにした。金氏は日本が韓国への輸出規制強化を見直すことで再検討できる考えを伝えたが、金杉氏は「全く性質の異なる話」として退けたという。

 元徴用工問題について金杉氏は、協議を通じた「出口を見つける作業」の必要性を示しつつ、「まずは韓国側が考えるべきだ」との考えを示したという。(ソウル=清水大輔)