[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の大型ヘリCH53Eの窓が27日午後5時半ごろ、沖縄県東海岸沖約8キロに落下した。沖縄防衛局が29日、取材に明らかにした。

 防衛局によると、窓はプラスチック製で、重さ約1キロ。一辺の長さが約58センチと約47センチ。被害の情報は把握していないという。

 普天間飛行場所属のCH53Eは、2017年12月に宜野湾市の普天間第二小学校の校庭に重さ約8キロの窓を落とす事故を起こしたヘリと同型機だ。

 米側から直後には連絡がなく、防衛局によると、28日夜に防衛省から米大使館情報として第一報を受け、米側に事実確認をしたという。防衛局は米側に安全管理の徹底や速やかな通報を申し入れた。