[PR]

 米マイクロソフトがトッププレーヤーに匹敵する実力に達したと発表したマージャンAI(人工知能)「スーパーフェニックス(Suphx)」。驚きは、囲碁や将棋以上の複雑さを持つ競技でAIが人を超えたことだけではない。中心となった開発チームはたった4人。しかも、マージャンをやらない素人ばかりだった。

「素人」の突破

 「面白いことに、Suphxの開発チームはマージャンができない」。Suphxが活躍するオンラインマージャン対戦プラットフォーム「天鳳」の運営会社シー・エッグ(東京)の角田真吾代表は、8月29日にあった記者会見に同席し、こう驚きを見せた。

 囲碁や将棋、チェスなど一対一の対戦ゲームではすでにAIがプロを倒せるようになったことは知られている。だが、開始時点では差が無く、手持ちの駒やボードの上を見れば、置かれた状況は一目瞭然だ。一方、マージャンは牌(パイ)を配る際などの運に左右される。さらに、手持ちの牌は相手に見えない。プレーヤーは4人で、おまけに複雑な得点計算まである。開発チームの1人で、マイクロソフトリサーチアジアの劉鉄岩・副所長は会見で、「(AIが勝つのは)マージャンが一番難しいと考えられている」と話す。

 Suphxは3月に天鳳のプラットフォームにログインし、6月に上から2番目の段位となる「10段」に達した。上達の早さだけではなく、5千回の対戦を経ても他のAIより段位を安定して維持してきた。人間のプレースタイルとだいぶ違うため、人間の技術向上にも役立っている。一部のプレーヤーから「Suphx先生」と呼ばれているという。

■AIのブレーク…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら