[PR]

 京都丹後鉄道(丹鉄)=京都府宮津市=のダイニング列車「丹後くろまつ号」が10月25、26日、JR小浜線に乗り入れ、舞鶴(京都)と敦賀間を往復する。JR以外の列車が小浜線に乗り入れるのは初めて。2日間で210人の定員は、受け付け開始から数日でいっぱいになる人気ぶりだ。

 今回の運行は、福井・三重・京都・兵庫の4府県が連携し、同月26、27日に福井県小浜市で開く食のイベント「御食国(みけつくに)・和食の祭典in若狭路2019」に合わせたもの。2023年春の北陸新幹線敦賀延伸に向け、関西方面から福井県を訪れる客に嶺南地域の魅力を伝えることで再び訪れてもらうきっかけとし、地元の機運醸成にもつなげたい考えだ。

 列車は両日、JR西日本のディーゼル機関車に引かれ、西舞鶴駅―敦賀駅を1往復する。松をテーマにした外観や木材を使った和風の車内デザインが魅力。道中は、小浜市のよっぱらいサバの刺し身や、県名物の焼きサバずしが入ったお弁当などがふるまわれる。

 停車する敦賀駅や小浜駅などで…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら