[PR]

 宮崎市の木崎浜海岸で7日開幕するサーフィンの世界選手権「ワールドサーフィンゲームス」は、世界のトップサーファーが参戦し、宮崎県内外から6万5千人の観客が見込まれる。県は大会に来るサーファーに移住してもらおうとPRに力を入れる。

 男子決勝前日の14日午後5時から、県は宮崎市青島のホテルでサーフィン移住希望者交流パーティーを開く。県外から宮崎移住を考えている先着60人限定。サーフィンがきっかけで宮崎へ移住した18人をゲストに迎え、屋外テラスでバーベキューを楽しみながら仕事や住宅、教育などの事情について話して交流する。

 サーファー仕様に設計された青島にある海沿いのモデルハウスの見学会や宮崎牛や県の特産品があたる抽選会もある。参加無料で、県の移住情報サイト「あったか宮崎ひなた暮らし」から応募できる。

 ワールドサーフィンゲームスの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら