[PR]

 40代になると、仕事でもプライベートでもそれなりに経験を積み、だいたいのことが一通りはできるようになる。周りからも、そう見られることが増える。でも。いや、だからこそ。「年齢に見合った大人になれているのかという焦りが、常にあります。不惑の40代と言われますが、まだまだ惑うことばかり」と、板谷由夏さんは言う。

 今年は、テレビ朝日開局60周年記念の年間昼帯ドラマ「やすらぎの刻~道」に、高級老人ホームのコンシェルジュ役として出演中だ。1年間の長丁場という新たなチャレンジ。石坂浩二さんや橋爪功さん、浅丘ルリ子さん、加賀まりこさんら、そうそうたる顔ぶれの中で、久々に若手として、学び多き日々を過ごしている。「間合いや呼吸、一発勝負にかける集中力に圧倒されています。私も可能な限り演じ続け、年齢と共に役の幅を広げていきたい」

 来年は蜷川実花さんが監督し、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら