[PR]

取材考記 東京経済部・久保智

 池井戸潤さんの小説「下町ロケット」には、中小企業の側に立って大企業の理不尽に立ち向かう「知財(知的財産)弁護士」が登場する。モデルは、弁護士・弁理士の鮫島正洋さん(56)だ。鮫島さんのもとには連日、自前の技術やノウハウを守りたい中小企業の相談が舞い込む。

 先日取材した際、鮫島さんは驚きの実態を話してくれた。「実は、大企業が中小企業の技術を盗んでしまうケースがあるんです」

■ジャイアンのよ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら