[PR]

 厚生労働省は30日、子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するワクチンの情報の認知度について調査した結果を発表した。接種については「決めかねている」「わからない」と答えた人が合わせて6割近くに上った。

 昨年10月、全国の12~69歳の男女2400人にインターネットで調査した。12~16歳は母親が横にいる状態で回答してもらった。

 このうち、HPVワクチンの定期接種の対象となっている12~16歳の女性と、同居する家族計235人に、接種への考えを尋ねたところ、「わからないことが多いため、決めかねている」が41・3%、「わからない」が17・0%に上った。「接種したい(してほしい)と思っているが、まだ接種をしていない」は17・4%、「すでに接種をした」は2・6%だった。

 厚労省が昨年、ワクチンの効果…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら