[PR]

 安倍内閣は30日の閣議で、読売新聞グループ本社の白石興二郎会長(72)をスイス大使に充てる人事を決めた。報道機関の現職トップの大使起用は異例。外務省によるとメディア出身者の起用は5人目で、朝日新聞出身で東大教授だった石弘之氏以来17年ぶりだ。

 9月2日付。読売新聞によると、白石氏は30日付で会長を退任した。白石氏は今年4月新元号決定の際に意見を聴かれた「元号に関する懇談会」の有識者9人の一人。

 白石氏の起用について、菅義偉官房長官は閣議後の記者会見で「大使も含め、人事はすべて適材適所で行っている」と語った。

 白石氏は読売新聞社で政治部次長、グループ本社執行役員社長室長、東京本社編集局長、論説委員長などを務め、2013年から今年6月までは日本新聞協会長だった。

 グループ本社社長時代の11年には読売巨人軍の取締役オーナーに就任。巨人の現役選手が野球賭博に関与した問題の責任を取り、16年に辞任した。

 スイス大使の前任は、安倍晋三首相の三十年来の友人で、内閣官房参与として経済ブレーンを務めてきた本田悦朗氏。本田氏が4月に辞職した後は空席となっていた。

 報道機関のトップだった人物が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら