第2次大戦の式典、ロシア招かれず 歴史認識で欧州と溝

有料記事

ワルシャワ=喜田尚
[PR]

 ナチス・ドイツが1939年にポーランドに侵攻して第2次世界大戦が始まってから80年となる1日、同国の首都ワルシャワで記念式典が行われた。ドイツのメルケル首相や米国のペンス副大統領が出席する一方、ロシアのプーチン大統領は2014年のウクライナ危機などを理由に招かれず、主な連合国側がそろった10年前の式典と様変わりした。

 式典でシュタインマイヤー独大統領は「我々は我が国が犯した罪を忘れず、伝えていく」とし、「ナショナリズムの高まりを、人々への憎悪を二度とくり返してはならない」と語った。

 式典に先立ち、ポーランドのドゥダ大統領とシュタインマイヤー独大統領は同日早朝、ポーランド中部の町を訪問。最初の空爆が始まった時刻に黙禱(もくとう)した。

 トランプ米大統領は、ハリケーン災害への対応を理由に出席を見送った。

 一方、プーチン氏が招待され…

この記事は有料記事です。残り650文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント