[PR]

 南米アルゼンチン北部の世界遺産「ウマワカ渓谷」で、行方がわからなくなっていた千葉県の亀卦川俊子(きけがわとしこ)さん(60)とみられる遺体が8月31日、宿泊先近くで見つかった。現地警察が明らかにした。警察は、散策中に崖から滑り落ちた事故の可能性が高いと見ている。

 警察によると、遺体が見つかったのは31日午前。発見場所は、観光コースになっている散策路の崖下だった。亀卦川さんは24日からウマワカ渓谷にある集落プルママルカを1人で訪問。26日朝、宿泊先から散策に出たまま戻らず、捜索が続けられていた。

 在アルゼンチン日本大使館は「情報は把握している。家族と連絡を取り合いながら、確認を進めている」と話した。(ハバナ=岡田玄)