[PR]

 伊吹山(1377メートル)のふもとから山頂まで駆け抜ける「夢高原かっとび伊吹2019」(滋賀県米原市教育委員会などでつくる成功委員会主催)が1日、米原市であった。参加者たちは雲の間から雄姿を見せる伊吹山のてっぺんを目指して懸命に走り、登った。

 33回目を迎えた今回は25都府県から1375人がエントリーし、1190人が参加した。選手たちは「山頂目指し、かっとぶぞ」との平尾道雄市長のかけ声に「エイエイオー」と気合を入れ、伊吹薬草の里文化センター前をスタート。距離約10キロ、標高差約1200メートルのコースに挑んだ。

 男子の部は京都府の近江竜之介さん(18)が57分47秒で、女子の部は三重県の村田祥江さん(42)が1時間16分2秒で、それぞれ3年連続の総合優勝を果たした。(松浦和夫)