[PR]

 伊勢湾台風から60年という節目を前に、三重県と桑員地区の市町は「防災の日」の1日、木曽岬町役場などで大規模な防災訓練を行った。消防や気象台などの関係機関を含めて総勢1千人規模を動員し、地域住民も参加。訓練に併せて、防災講演会も開いた。

 東海地方を中心に全国で5千人を超える死者・行方不明者を出した伊勢湾台風では、旧木曽岬村(現木曽岬町)や旧長島町(現桑名市長島町)などの海抜ゼロメートル地帯に押し寄せた高潮によって住宅地がのみ込まれ、大きな被害につながった。

 こうした地域では、避難所や住宅が水没した場合、地域内だけでは避難者を収容できない可能性がある。そこで、県と桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町が検討してきたのが「広域避難」だ。

 今回の訓練では、伊勢湾台風を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら