[PR]

 エスパルスジュニアユースU―14は、8月26日から10日間のスペイン遠征を行った。この遠征はアカデミー選手の強化を目的としてクラブパートナーのグリコグループの支援により実施しており、今年で4回目を迎えた。

 遠征中は、FCバルセロナやレアル・マドリードCF、RCDエスパニョールといった世界トップクラスのチームが名を連ねた「グリコ・インターナショナル・チャレンジカップ」に出場。3千人収容のスタジアムで、プロサッカー選手を目指す選手が、それぞれクラブのプライドを賭けた真剣勝負を行った。

 近年、サッカーにおいては育成年代での海外遠征は珍しくはない。この年代は感性が豊かで、物事を吸収する力が強い。期間中にはFCバルセロナのホームスタジアムであるカンプノウの見学、RCDエスパニョールとグラナダCFのラ・リーガを観戦して見聞を広め、またサッカーだけではなくサグラダ・ファミリアなども訪問。海外の環境や文化を肌で感じることで、大きな刺激になったに違いない。

 引率した横山貴之U―14監督…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも