[PR]

 鹿児島県出水(いずみ)市のアパートで、4歳の女児が同居する母親の交際相手の男に殴られた事件で、同市が女児の体に複数の青あざを確認していたが、家庭訪問の有無などの照会をしてきた県警に伝えていなかったことがわかった。1日に会見した同市は「その時の判断だった。今後検証しなければならない」と説明するにとどめた。

 この事件では、出水市の建設作業員、日渡駿容疑者(21)が8月27日夜、大塚璃愛來(りあら)ちゃん(4)の頭部を殴ったとして、暴行容疑で逮捕された。璃愛來ちゃんは28日に死亡した。

 出水市によると、璃愛來ちゃんの顔などに複数のあざが確認されたのは8月5日。母親の受診に連れ添って訪れた市内の病院で職員が気づき、市の保健センターを通じ、市もその情報を把握した。

 この約4カ月前、同市の前に住んでいた同県薩摩川内市内で、璃愛來ちゃんが路上や駐車場に深夜一人でいたことなどから薩摩川内署が計4回保護し、「一時保護の必要性がある」などネグレクト(育児放棄)の疑いもあるとして県の中央児童相談所に2回通告。同市も「女児は見守りが必要」と文書を送るなどして、出水市に事案を引き継いだ。

 このため出水署は8月7日、市に対し、薩摩川内市から引き継ぎを受けたかや家庭訪問を実施しているかなどを問い合わせた。この時、市はあざが確認されていたことを伝えなかった。

 翌8~21日にかけて、市の保健師や家庭児童相談員が3度、自宅を訪問したが、いずれも不在だった。暴行事件前日の26日になって、保健師らと母親、璃愛來ちゃんの面談が実現したが、特に異常を認めなかったという。(井東礁)