[PR]

 多くのプロ選手が育った東京ヴェルディのスクールですが、基本的な指導ビジョンは、サッカーを通じた人間形成です。あきらめない心や仲間を思いやる精神を育てます。スクール生(年中長~小学生)の年代は学習の取り組みも重要。勉強する習慣をつけることで、その後も積極的に学ぶ姿勢を維持し、知性を育てることにつながります。

 そこで9月22、23の両日、文武両道をテーマにした短期のコースをご用意しました。「ビリギャル」の著書で知られる人材育成の専門家・坪田信貴氏のご協力のもと、60分間のサッカースクールと30分間の学習(百ます計算、名文の音読)を組み合わせたコース。2日目は坪田氏も来場します。対象は小学1、2年生。坪田氏は「多くのお子さんに頭を使い、体を動かすことの楽しさを知ってもらえたら」と語ります。

 今後は通常のカリキュラムに組み込む計画も。将来的にサッカーの枠組みにとらわれない教育機関としての役割も果たしていきたいと考えています。今回の「文武両道コース」の申し込み締め切りは16日です。(東京ヴェルディ 倉林佑弥・広報部長)

こんなニュースも