[PR]

 1日にベニズワイガニ漁が解禁されたことを受け、鳥取県は「蟹取(かにとり)県ウェルカニキャンペーン」(来年2月29日まで)を始めた。県内に宿泊した人にカニをプレゼントするなど、毎年恒例の企画でカニの水揚げ量日本一をPRする。

 期間中、県内の161宿泊施設に泊まると、抽選で毎月100人にカニが当たり、後日自宅などに郵送される。はがきでの応募の場合は宿泊先の宿泊施設証明印が必要で、特設サイトから応募する場合は領収書を撮影して登録する必要がある。

 また、水木しげるロード(境港市)など県内の11観光地の3カ所以上で写真を撮り、「#蟹取県 #ウェルカニチャレンジ」をつけてツイッターやインスタグラムに載せると、抽選でカニや県産食材の詰め合わせなどが当たる企画もある。

 県観光戦略課によると、今年はタレントのひょっこりはんによるPR動画を作成。カニ好きで観光でも県を訪れることがあり、起用したという。キャンペーンサイト(https://www.kanitoriken.jp別ウインドウで開きます)などで見られる。対象の宿泊施設・観光地と応募の詳細も同サイトで確認できる。(鈴木峻)

関連ニュース