令和初おせち商戦早くも号砲 軽減税率で「外食より得」

佐藤亜季
[PR]

 百貨店のおせち商戦が、早くも始まった。松屋と高島屋は2日、報道向けに内覧会を開き、そごう・西武は詳細を発表した。10月の消費増税で外食の税率は10%に上がるが、おせちはほとんどが8%のまま。各社は外食に比べた「お得感」を強調している。

 松屋のテーマは「お得に華やかに、ご家庭で楽しんで」。約5人前で税込み2万4840円の「松屋オリジナル和洋オードブルおせち二段重」など手ごろな商品を用意する一方、著名レストラン監修による高級おせちにも力を入れている。ザ・ペニンシュラ東京のシェフが担当した「和洋中三段重」は約4人前で税込み4万8600円だ。

 200点ほどの平均価格は2万7千円で、昨年より数千円高い。「外食よりお得感がある」(鈴木章浩おせち担当バイヤー)と、強気の価格設定で挑む。

 高島屋も外食に比べた割安感をアピールしつつ「機動戦士ガンダム」などのキャラクターをあしらったアニメものや、スーパーフードを使った健康志向の商品を用意した。

 そごう・西武は、自宅でつくったおせちと組み合わせられるよう、少量多品種の料理を小分けした品を充実させた。「例年、おせちを買わずに外食したり自分でつくったりする新規顧客も開拓したい」と広報担当者は話す。

 3社が取り扱うおせちのごく一部には10%の消費税率が適用される。有田焼などの器を使った高額の商品だ。食品そのものの価格が全体の3分の2未満の場合などに10%となる。(佐藤亜季)