[PR]

 安倍晋三首相は2日、首相官邸で開いた政府与党連絡会議で、「政治の継続性、安定性を重視しつつ、気持ちも新たに様々な課題に果敢に挑戦していく。安定と挑戦の強力な布陣を整えたい」と述べ、来週中に内閣改造を行うと明言した。改造に伴い、党役員人事も行う。

 首相は「与党は老・壮・青、人材の宝庫だ」とも述べ、入閣適齢期の議員のみならず、中堅・若手の起用も示唆した。政府与党内では大幅改造との受け止めが広がっている。

 今回の人事では、80歳を迎えた二階俊博幹事長や、「ポスト安倍」候補の岸田文雄政調会長の処遇のほか、結婚を公表したばかりの小泉進次郎衆院議員の入閣が主な焦点となりそうだ。