[PR]

 鹿児島県出水(いずみ)市のアパートで、4歳の女児が同居する母親の交際相手の男に殴られた事件で、同市が女児の体に複数の青あざを確認しながら、児童相談所や県警に伝えていなかったことがわかった。女児が計4回保護されたことについては、児相がネグレクト(育児放棄)と認定しながら、自治体や警察などとの見守り対象にとどめていた。

 この事件では、出水市の建設作業員、日渡駿容疑者(21)が8月27日夜、大塚璃愛來(りあら)ちゃん(4)の頭部を殴ったとして、暴行容疑で逮捕された。璃愛來ちゃんは28日に死亡した。死因は水死の疑いがある。

 出水市によると、璃愛來ちゃんの顔などに複数のあざを確認したのは8月5日。母親の受診に連れられてきた市内の病院で職員が気づき、市もこの情報を把握した。これ以前に嘔吐(おうと)の症状を訴え、別の病院の救急外来を受診し、母親は「テーブルで頭をぶつけた」と説明したことがあった。市はこうした璃愛來ちゃんの情報を県の中央児相に伝えていなかった。

 璃愛來ちゃんは今春、当時住んでいた薩摩川内市で夜間に一人でいたことから計4回県警に保護された。これを受け、8月7日、出水市は転入を把握した出水署から家庭訪問の有無などを照会されたが、あざについては伝えなかったという。

 出水市は朝日新聞の取材に「ネグレクト事案としては適切に対応した」と説明している。

 一方、薩摩川内市で璃愛來ちゃんが今春、計4回保護された件では、県警がネグレクトの疑いもあるとして、児相に一時保護の必要性などを2回通告した。だが児相は一時保護に踏み切らなかった。児相は4月3日、再び同様の問題が起これば一時保護すると母親に通知。その後まもなくあった児相や警察、薩摩川内市による「要保護児童対策地域協議会」で経過を見守ることとした。児相はネグレクトと認定した上で見守り対象にとどめ、自治体を中心として家庭訪問や電話による状況確認などをすることになっていた。

 児相は一時保護しなかった理由について「親子の愛着が感じられるなど、一時保護が必要と判断しなかった」とし、児童福祉法などに照らし適切な対応だったと説明。4月中旬以降、夜間の保護などの問題が報告されず、「(ネグレクトは)落ち着いてきたと認識していた」としている。

 県警は2日午前、日渡駿容疑者を出水署から鹿児島地検に送検した。

■行政側の対応、過去に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら