[PR]

 学校法人森友学園(大阪市)の補助金不正事件で、国の補助金など計約1億7千万円をだまし取ったとする詐欺罪などに問われた学園前理事長の籠池泰典被告(66)と妻諄子(じゅんこ)被告(62)の公判で、両被告の被告人質問が2日、大阪地裁(野口卓志裁判長)であった。この日初めて被告人質問が行われた諄子被告は、起訴内容を全面的に否定した。

 諄子被告は泰典被告と共謀し、設立を目指していた小学校の校舎の工事代金を約22億円に水増しした虚偽の契約書作成を設計業者らに指示して、国の補助金約5600万円を詐取したとする起訴内容について「虚偽の契約書があったのは全く知らなかった。設計業者から工事費の話を聞いたこともなかった」と不正への関与を否定した。

 さらに、運営する幼稚園で大阪府と大阪市の補助金計約1億2千万円をだまし取ったとする別の起訴内容についても「私は不正との認識は全くなかったです」と述べた。泰典被告は先月28日の被告人質問で、この府・市の補助金詐取については一部を認めている。

 諄子被告の被告人質問に先立ち、泰典被告の被告人質問が先月28日に続いて行われた。泰典被告は国の補助金申請について「設計業者から『虚偽の契約書作成を前に進めないと校舎が建たない』と言われた」と述べて業者が不正を主導したと改めて訴えた。

 公判は10月30日に論告求刑公判があり、来年2月19日に判決が言い渡される。(米田優人、多鹿ちなみ)