[PR]

 学校に行きたくない――。子どもがそんなそぶりを見せた時、保護者はどう受け止めたらいいのでしょうか。気をつけることや家での過ごし方、新しい居場所の見つけ方について、「不登校新聞」の代表理事で、自らも子どもの不登校を経験した弁護士の多田元さん(75)に聞きました。

 ――子どもが学校に行きたくないようなそぶりを見せた時、保護者が気をつけることは何でしょうか。

 先取りせず、見守ることです。子どもが迷っている時に、保護者が焦って「行くんだよね?」あるいは「行かなくていいよ」などと言わない。それは保護者の不安を子どもにぶつけているだけなんですね。子どもから発せられたものを受け止めることが大切です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら