海上ドローンで実験 新鮮な伊勢エビを100キロ先へ

有料会員記事

山本知弘
[PR]

 200キロ近く離れた遠い場所まで、自動飛行のドローンで特産品や緊急物資を運べるか――。それを試す実証実験が来春以降、三河湾遠州灘で始まる。名古屋市のドローンベンチャー「プロドローン」が、地域振興や災害対応を想定して考えた。重さ10キロの荷物を安全に運ぶための課題を、2年かけてさぐる。

 三重県志摩市を出発点に、70キロほど離れた愛知県蒲郡市、約175キロ離れた静岡県御前崎市まで飛べるかを検証する。実現すれば世界でも例を見ない距離になるといい、実験に加わる各市は特産の伊勢エビやミカン、生シラスなどを運ぶアイデアを温める。

 実験のねらいは都市間のドロ…

この記事は有料会員記事です。残り568文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら