[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画をめぐり、秋田県の佐竹敬久知事は2日の定例会見で、防衛省が再調査の方針を表明した後も秋田県と山口県を最適地としていることについて、「地元の理解(が配備の前提)と言っておいて、理解が全然ない状況で『やっぱり秋田』。怒りを禁じ得ない」と述べた。

 国は陸上イージスの配備先として、秋田市の陸上自衛隊新屋(あらや)演習場を候補地に選定したが、調査データにミスが発覚。防衛省幹部は8月28日に秋田県庁を訪れ、秋田、青森、山形の3県の国有地20カ所について、6カ月半かけて再調査する方針を伝達。その際、青森と山形での調査は「予備的なもの」と説明した。

 岩屋毅防衛相はその後の記者会見で「新屋ありきではなくゼロベースで調査を実施する」としながら、ミサイル防衛体制をつくる観点から「やはり秋田県と山口県に配備することが最も適切だ」と述べていた。

 この日の会見で佐竹知事は「最…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら