[PR]

マラソングランドチャンピオンシップ連載「かける」:1 大迫傑

 先月10日、米テキサス州ダラスでのハーフマラソンを1時間2分23秒で制した。あえて暑い条件を選んだのは、東京オリンピック(五輪)の代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に向けた対策にほかならない。

 「今回も妥協なく練習が積めている。練習仲間もいて、恵まれた環境の中、質の良いトレーニングが出来ている」。スピードが持ち味の鎧坂哲哉(旭化成)や今年の箱根駅伝の優勝メンバー鬼塚翔太(東海大)とひたすら走った。「学生といると自分の成長を実感できるし、ちょっと懐かしい気分になりますね」。自らの原点を見る思いか。

 4度目のマラソンで初めて棄権…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも