[PR]

 香港の2014年の民主化デモ「雨傘運動」で活動した若者らで構成する民主派の政治団体「香港衆志」は2日夜、鄭家朗副主席が帰宅途中に3人の男に襲われ、顔などを複数回、殴られたことを明らかにした。鄭氏は同日、政府に抗議して授業をボイコットした中高生らが参加する集会の運営を担っていた。けがの程度は軽いという。

 香港では8月末に民主派団体の代表や、別のデモを過去に申請した男性が暴行されるなど、デモの運営などに関わった人物が襲われる事件が相次いでいる。

 香港衆志をめぐっては、所属する民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏(22)と周庭(アグネス・チョウ)氏(22)が8月30日に警察に一時拘束された。(香港=西本秀