近代世界を一つのシステムとしてとらえる「世界システム論」で知られるアメリカの社会学者・歴史学者のイマニュエル・ウォーラーステインさんが8月31日死去した。88歳だった。所属した米ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の関係者が明らかにした。

 1930年、米ニューヨーク生まれ。国ごとの歴史ではなく、国際的な分業体制という観点から近代資本主義をみる世界システム論を確立した。大航海時代以来、銀や砂糖、綿花などの交易を仲立ちにして、17世紀のオランダ、19世紀の英国、20世紀の米国といった「覇権(ヘゲモニー)国」を中心にした世界資本主義のシステムを形成したと主張した。冷戦終結で権威が落ちたマルクス主義に代わる、巨視的な歴史理論として影響力を持った。

 主著は、74年から刊行が始まった「近代世界システム」。当初は1450年から現代までを全4巻で叙述する計画だったが、2011年に出た第4巻は1914年までの内容で、完結していない。ほかに「史的システムとしての資本主義」「アフター・リベラリズム」など。(大内悟史、編集委員・村山正司