【動画】香住漁港でベニズワイガニの初競り=小川智撮影
[PR]

 日本海の秋の味覚、ベニズワイガニの初競りが4日、兵庫県香美(かみ)町の香住(かすみ)漁港であった。地元で「香住ガニ」と呼ばれ人気があるオレンジ色のカニが並び、最高額は過去最高の1匹10万円。午前6時半から威勢のよい競りの声が響いた。

 1日の漁の解禁日に香住沖の水深1千~1300メートルの海底に仕掛けたカゴを、この日の初競りに合わせて漁船8隻が引き揚げた。

 但馬漁協によると、香住漁港は近畿地方で唯一のベニズワイガニの水揚げ港という。初日の水揚げは約22トン。30キロの箱売りは1万6千~6万円で取引された。漁は来年5月末まで続く。(今林弘)