[PR]

 欧州連合(EU)からの離脱期限が10月末に迫る英国で、ジョンソン首相が離脱前の総選挙を検討していると、英メディアが伝えた。EU側と条件で合意できないまま離脱に至る事態を避けようと、離脱を先送りする立法が与党・保守党の一部議員も含む超党派で進んでおり、総選挙をちらつかせて抑え込む狙いがある。3日に再開する英議会で激しい攻防が展開されそうだ。

 「無意味な離脱延期を支持すれば、(離脱条件をめぐるEUとの)交渉はまったく不可能になる」

 ジョンソン氏は2日夕、官邸前で警告した。

 下院では、ハモンド前財務相ら与党・保守党の約20人が野党とともに、離脱の延期を政府に強制する法案を準備している。その動きを牽制(けんせい)したものだ。

EU離脱をめぐり対立する英ジョンソン首相と議会。離脱期限が迫る英国の動きを詳報します。

 超党派の議員は3日の下院で、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら