[PR]

 悩んだら、わん、にゃんにゃん――。大阪府は10月、動物虐待の通報を受け付ける共通ダイヤル「#7122」を開設する。虐待事案が増えるなか、起きた場所や虐待内容によって異なっていた窓口を一本化し、虐待の早期発見につなげる狙いだ。

 名称は「おおさかアニマルポリス」。音声案内に従って虐待があった場所などを伝えると、AIが分析して府などの対応窓口につないでくれる。担当者が犯罪と判断すれば大阪府警に連絡する。自動音声とのやりとりは無料で、窓口につながった時点から通常の通話料金が発生する。具体的なスタート時期や、対応時間などは今後詰める。

 府に寄せられた2018年度の相談件数は約1万2千件。3年前からほぼ横ばいだが、実際に遺棄や虐待と判断した件数は134件から275件と倍増した。動物愛護への意識が高まったことや、虐待の様子をSNSに投稿する事案が増えたのが理由だという。

 虐待の通報窓口はこれまで、虐…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら