ハーバード合格の難民、一転入国認められる 無事入学へ

有料記事

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 米ハーバード大に合格後、米国への入国を拒まれていたレバノン在住のパレスチナ難民、イスマイル・アジャウィさん(17)が一転して入国を認められ、2日午後、大学のあるボストン近郊に到着した。アジャウィさんに奨学金を拠出するNPOが発表した。3日の始業にぎりぎり間に合った。

 医師を志しているアジャウィさんは8月23日、入学のためにボストン空港に到着したが、米税関・国境警備局の職員から尋問を受け、ビザを取り消されていた。アジャウィさんのフェイスブック上の友人が、米国に反対する政治的な書き込みをしていたことを問題視されたとみられる。

 NPO「AMIDEAST」…

この記事は有料記事です。残り250文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!