宮内庁は3日、上皇后美智子さまが8日に乳がん手術を受けると発表した。7日に東京大学医学部付属病院に入院する。

 美智子さまは手術に向け、今月1日など複数回、同病院で検査を受けた。

 同庁によると、7月12日の乳腺エコー検査で左胸に腫瘤(しゅりゅう)が見つかり、同15日に東大病院で乳腺MRI検査を受けた。悪性を疑わせる所見がみられたため、8月2日に宮内庁病院で針生検による組織検査を受けて乳がんと診断された。美智子さまは10年以上、定期的に乳腺検診を受けてきた。

 美智子さまは今年5月の代替わり後、体重が急激に減少するなど体力の低下が心配されており、同庁は、8月下旬の静養で体力が回復するのを待って手術を実施することにしていた。静養先の群馬県草津町で美智子さまは音楽祭のワークショップに参加するなど、元気な姿を見せている。