[PR]

 振付師でタレントのパパイヤ鈴木さんが振り付けを担当した「くるのびダンスエクササイズ」(サンマーク出版)が出版されました。原宿リハビリテーション病院(東京都渋谷区)とタッグを組み、自宅でもできるエクササイズが紹介されています。リハビリとダンスの異色のコラボ。そこにどんな思いがこめられているのか、パパイヤ鈴木さんにうかがいました。

「変化」のきっかけに

 企画のきっかけは、超高齢社会を迎えるなか、「元気で長生きできる人を増やすために何かできないか」と考えた病院側が、リハビリ医学にもとづいた、より親しみやすく楽しいエクササイズをつくりたいと、パパイヤさんに呼びかける形で実現しました。パパイヤさんもダンスを生かした健康づくりに関心があり、快諾したそうです。

 くるのびダンスは、ダンスのなかに含まれる、体幹を「くるくる」回したりひねったり、「のびのび」と伸ばす動作から名付けられました。

 脳から足まで全身に効くことを意識し、全部で10種類の動きを1分前後でこなします。

 「くるくる1週間」「ねじりチョップ」「はにわステップ」……。ユニークな名前がつけられた動きで、誰でも簡単にできます。

 振り付けの専門家であるパパイヤさんと、リハビリの専門家である医療スタッフが2年近くの時間をかけて、話し合いを重ね、完成させました。

 

 意識したことのひとつは、脚を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら