[PR]

 岩手県知事選は8日投開票され、現職の達増拓也氏(55)が、新顔で元県議の及川敦氏(52)を破り、4選を果たした。立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党から推薦を受けた達増氏は、東日本大震災からの復興のほか、地域・産業振興などを掲げ、自民推薦で県政刷新を訴えた及川氏を退けた。投票率は53・46%(前回は無投票、前々回は59・92%)で過去最低だった。