[PR]

 「もうおねがい ゆるして」。そんな言葉をノートに残した東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が昨年3月、両親に虐待されて死亡したとされる事件の裁判員裁判の初公判が3日、東京地裁であった。保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)は起訴内容を大筋で認めた。この日の公判で、結愛ちゃんが亡くなる直前の状況を弁護側が明らかにした。

 「結愛が食べ物を吐いた」。弁護側の冒頭陳述によると、結愛ちゃんが亡くなる3日前の昨年2月27日ごろ、夫の雄大被告(34)から優里被告はそう聞いた。病院に連れて行こうかと尋ねると、「あざが消えたら連れて行く」。

 3月1日、優里被告は久しぶりに結愛ちゃんを風呂に入れた。その姿が驚くほどやせていて怖くなった。「見てはいけないものを見た」と感じ、すぐにタオルを体に巻いた。

 そして3月2日。優里被告は衰弱した結愛ちゃんに添い寝した。楽しかった思い出を話して励ましたが、その日に亡くなった。死亡時の体重は12・2キロ。同年代の平均体重より6キロほど軽く、1月からの2カ月間で4キロ以上減っていた。

 弁護側によると、1月に東京へ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら