[PR]

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が虐待を受けて亡くなってから1年半。3日に東京地裁であった初公判で保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)はむせび泣きながら、「夫の報復が怖くて警察に通報できなかった」と虐待を止められなかった理由を述べた。

 黒色のスーツ姿で出廷した優里被告は公判が始まった直後から涙をみせ、起訴内容について「おおむね認めます。けど、少しだけ違うところがあります」ととぎれとぎれに話した。

 同じ罪に問われている夫の雄大被告(34)の暴行について、起訴内容で示された期間は「結愛を殴ったのは知らなかった」と語り、「雄大が逮捕されたら結愛も私も報復される」とも。

 優里被告が激しく動揺したのは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら